「フランス映画の現在をめぐって」チラシが完成

Mois de la critique – édition spécial Yokohama 2024
映画批評月間 横浜 2024 スペシャルエディション
~フランス映画の現在をめぐって

2024年6月29日(土)~7月12日(金)、横浜シネマ・ジャック&ベティにて開催!


コミュニティシネマセンターでは、アンスティチュ・フランセが、フランスの映画媒体、批評家、専門家、プログラマーと協力し、最新のフランス映画を選りすぐり紹介する特集「映画批評月間」の全国巡回を行ってきました。今回は、横浜シネマ・ジャック&ベティと共催で、「映画批評月間 横浜2024スペシャルエディション〜フランス映画の現在をめぐって」を開催します。
この企画では、これまでに「映画批評月間」で上映してきた作品の中から、「子どもたち、若者たち、恋人たち」、「女たちの現在」というふたつのテーマを設定して選んだ13本の作品を上映、また、『落下の解剖学』(2023)でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞し、世界の注目を集めるジュスティーヌ・トリエ監督の3つの作品を上映します。

チラシを見る

今月末6月29日(土)よりスタート。
週末にはトークイベントも開催(アルノー・デプレシャン監督オンラインで登壇)します。

ぜひ足をお運びください!

映画批評月間 横浜 2024 スペシャルエディション ~フランス映画の現在をめぐって
会期:2024年6月29日(土)~7月12日(金)
会場:横浜シネマ・ジャック&ベティ
https://www.jackandbetty.net/cinema/detail/3512/