Film Collection

head_filmcollection

title_filmcollection

コミュニティシネマセンターでは、商業的に上映される機会のなかった重要な作品を集めた様々な特集上映を企画開催、全国に巡回しています。

特集上映/巡回企画のアーカイヴはこちら

永遠のオリヴェイラ マノエル・ド・オリヴェイラ監督追悼特集

メイン2『フランシスカ』

現役最高齢の映画作家として数多くの作品をつくり続けたマノエル・ド・オリヴェイラ監督が、2015年4月2日に106歳で亡くなりました。本特集では、80年をこえる映画人生でオリヴェイラ監督が遺してくれた珠玉の映画を上映します。

『フランシスカ』特別上映+シンポジウム
『神曲』以降ほぼ全てのオリヴェイラ監督作品の編集を手がけたヴァレリー・ロワズルー氏、来日決定!7月13日[水] 草月ホールにて、詳細は公式サイトにてご案内しています。
*本企画は終了いたしました。ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

MoMA ニューヨーク近代美術館映画コレクション

project_fc02

映画草創期1905年に撮られた『ニューヨークの地下鉄』から、ウォルト・ディズニー自身による貴重なアニメーション、1950年代ハリウッドの黄金時代を彩る作品群、アフリカン・アメリカンによる伝説的なインディペンデント映画、アメリカの現代アートを代表するウォーホルの映像作品、マーティン・スコセッシ監督が自身の両親を撮った貴重なドキュメンタリーまで、ニューヨーク近代美術館が所蔵する多様で魅力的な作品群をニュープリントで上映、巡回しました。

蘇ったフィルムたち 東京国立近代美術館フィルムセンター復元作品特集

project_cinematheque

東京国立近代美術館フィルムセンターとの共同主催により、国立のフィルム・アーカイブであるフィルムセンターが復元した日本映画の名作の数々を、最も美しい35ミリプリントで巡回上映をしています。
数十年の時を経て、美しく蘇った日本映画の名作の数々を、美しいプリントでご覧いただけます。

Fシネマ・ツアー ー 35ミリフィルムでみる日本映画傑作選

project_fc05

4作品で一つのパッケージとして、日本映画の名作をオリジナルの形態である35ミリフィルムで上映し、フィルム上映の鑑賞機会を提供するとともに、その魅力を伝えます。

Fシネマ・ツアー2016
女流文学特集
『綴方教室』(1938)
『樋口一葉』(1939)
『花つみ日記』(1939)
『ノンちゃん雲に乗る』(1955)
女性らしいナイーブな視点を感じさせる女流文学の映画化名作を特集。
昭和歌謡映画特選
『下町の太陽』(1963)
『その人は昔』(1967)
『赤いハンカチ』(1964)
昭和の高度経済成長期に流行した歌謡曲を下敷きにした青春映画の名作。
[ 松本清張×野村芳太郎 ]
『張込み』(1958)
『ゼロの焦点』(1961)
『砂の器』(1974)
松本清張の小説から映画らしい魅力を引き出した野村芳太郎監督の作品の特集。

フレデリック・ワイズマン レトロスペクティヴ

project_fc04

1967年の『チチカット・フォーリーズ』以来、“現代社会の観察者”として独自の映像表現を展開し続けているドキュメンタリー映画の巨匠フレデリック・ワイズマン。40数年にわたり、学校、病院、警察、軍隊、裁判所、福祉施設、議会など、アメリカの様々な施設・組織を撮り続けてきました。
コミュニティシネマセンターでは、1998年の「フレデリック・ワイズマン映画祭」の開催以来、ワイズマン作品を買い足し、数年ごとにワイズマン監督特集を実施しています。

特集上映 / 巡回企画のアーカイヴ

fcarchive_top_s