ニュース

ニュース一覧

    2013年5月16日
    映像アート・マネージャー養成講座(シネマ・マネジメント・ワークショップ)、7月23日(火)に開講します!

    コミュニティシネマセンターと映画美学校では、今年で7回目となるシネマ・マネジメント・ワークショップを下記の通り開講いたします。

    この講座は、地域の映像文化施設、映画館(ミニシアター)、フィルムアーカイブやシネマテーク、コミュニティシネマなどのディレクター、スタッフとして、地域の映像文化を担う人材を育成するために行うものです。文化政策や地域における文化事業の動向、文化活動としての上映活動に関する理念、映画映像の歴史、製作から保存にいたる専門的な知職、まちづくりやアート・マネジメント、デジタルコンテンツも視野に入れた施設運営に関するノウハウまで、総合的に学ぶことができます。

    今回の「映像アート・マネージャー養成講座」は、これまでの「映画上映専門家養成講座」(シネマ・マネジメント・ワークショップ)の内容を拡大し、ソーシャル・ビジネスとして映像文化事業を展開できる、映像に限定されないマネジメント能力をもつ人材を育成するための、より充実した専門的なものとなっています。

    映画映像の専門家はもちろん、まちづくりやコミュニティデザイン、美術館・映画館運営の最前線で活躍する多彩な講師陣による30コマを越える講義、そして、講座の最後には受講生自身の企画を実施します。10回にわたる映画鑑賞+講義で学ぶ「映画史」もカリキュラムの中に含まれています。
    これから映画映像を学ぼうとする初心者はもちろんのこと、すでに経験を積んだ美術館の学芸員や自治体の文化担当者、映画祭や映画館のスタッフ等にも新たな事業展開を考える契機としていただける内容となっています。

    講座の詳細につきましては、追ってHPなどでお知らせいたしますが、ご興味のある方はチラシをお送りしますので、コミュニティシネマセンターまでお問い合わせください。
    (TEL:050-3535-1573 e-mail:film@jc3.jp)


    【講座概要】映像アート・マネージャー養成講座(シネマ・マネジメント・ワークショップ)
    ~映画祭の企画から、美術館の映像事業、ミニシアター、コミュニティシネマの運営まで―地域コミュニティの映像文化を担う人材育成のための総合講座

    ■期間:2013年7月23日→2014年3月11日(夏期休暇・年末年始を除く)

    ■授業時間:毎週火曜日の午後7時~9時。
    「映画鑑賞+映画史講義」は原則月1回土曜日午後2時~5時。

    ■教室:映画美学校(渋谷)、東京国立近代美術館フィルムセンター(映画史講座)ほか。

    ■受講資格:18才以上。学歴・経験の有無は問いません。

    ■募集人数:20人。定員に達し次第締め切ります。

    ■授業料:157,500円(教材費・消費税込)

    ■主催:文化庁(平成25年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業)、
    ■制作:特定非営利活動法人映画美学校、一般社団法人コミュニティシネマセンター
    ■協力:東京国立近代美術館フィルムセンター


    *****


    講座の開講に先立ち、6月25日(火)にプレ公開講座「居心地のいい場所=新しい映画館のつくりかた」(募集ガイダンス)を開催します。
    どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方はぜひお越しください。


    【プレ公開講座】「居心地のいい場所=新しい映画館のつくりかた」(募集ガイダンス)
    ■日時:6月25日(火) 午後7時より
    ■会場:映画美学校(渋谷・文化村前交差点左折)
    ※無料
    ※出演者などの詳細は追ってお知らせいたします。

コンテンツメニュー

更新情報

当サイトの更新情報です。

一覧はこちら

プロジェクトNEWS

シネマ・シネジケートやシネマテーク・プロジェクトなどの新着情報。

一覧はこちら

イベント・講座NEWS

イベントや講座の実施や募集についての最新情報です。

一覧はこちら

フィルムの貸出NEWS

新しく追加となった貸出作品や、おすすめ作品などをご紹介。

一覧はこちら

出版案内NEWS

新しく出版した書籍やカタログなどについての情報です。

一覧はこちら

その他NEWS

その他、いろいろなニュースを掲載しています。

一覧はこちら

RSSの登録はこちら