ニュース

ニュース一覧

    2013年1月10日
    デジタル化時代の映画祭=上映+公開シンポジウム、1月14 日(月・祝)に高崎で開催!

    すでにお知らせしておりますとおり、コミュニティシネマセンターでは、高崎映画祭と共同で、1月14日に、シンポジウム「デジタル化時代の映画祭」を開催いたします。
    映画館のデジタル化は着々と進められつつあり、来年3月にはシネコンの多くがデジタル化を完了します。"デジタル化"は、映画祭にとっても重要な意味をもっています。
    コミュニティシネマセンターでは、今年、様々な形で"デジタル化"を取り上げてきましたが、今回のシンポジウムでは、地域の映画祭にとって"デジタル化"は何をもたらすのか、映画祭はデジタル化にどのように向き合っていくのかを、全国各地の映画祭関係者とともに考えます。
    また、シンポジウムに併せて、ハリウッドスター、キアヌ・リーブスが企画製作したドキュメンタリー『サイド・バイ・サイド-フィルムからデジタルシネマへ』を上映します。
    映画祭関係者だけでなく、ご興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。
    多くの皆様のご参加をお待ちしております。

    ※タイムテーブルが当初のものとは変更されていますのでご注意ください。


    *******************

    第27回高崎映画祭 プレ企画
    =デジタル化時代の映画祭=上映+公開シンポジウム

    ■タイムテーブル 

    10:30〜 映画上映
    『サイド・バイ・サイド-フィルムからデジタルシネマへ』(2012年/99分)
    http://www.uplink.co.jp/sidebyside/
    観賞料金:前売り1000円 / 当日1200円 

    13:00〜 プレゼンテーションとディスカッション 「フィルムからデジタルへー 今いちど映画祭を考える」

    13:00~13:05 主催者挨拶 志尾睦子(高崎映画祭総合ディレクター/シネマテークたかさき支配人)

    第一部 プレゼンテーション
    13:05〜13:25 【映画祭とは何か】 石坂健治(東京国際映画祭「アジアの風」部門ディレクター/日本映画大学教授)
    13:25~13:45 【公共ホールのデジタル化とは】 堤修一(デジタルシネマ倶楽部㈱ 取締役) 

    第二部 
    14:00〜15:00 【ディスカッション:フィルムからデジタルへー映画祭と地域社会のこれから】
    司会:田井肇(大分シネマ5代表)
    パネリスト:志尾睦子/鈴木直巳(鈴木映画)/石坂健治
    15:00~16:00 交流会

    *プレゼンテーションとディスカッションは入場無料です。
    *事前のお申込みは高崎映画祭事務局(担当:志尾)までご連絡ください。当日参加も可能です。
    027−326−2206 tffshio@mail.wind.ne.jp
    当日は映画祭関係者の方々の受付を設けますので、そちらにお立ち寄りください。


    ■会場:高崎市文化会館  高崎市末広町23番地1  TEL 027-325-0681
    http://www.takasaki-bs.jp/b-kaikan/access.html  


    ■お問い合わせ 
    高崎映画祭事務局 TEL:027-326-2206
    コミュニティシネマセンター TEL:050-3535-1573

コンテンツメニュー

更新情報

当サイトの更新情報です。

一覧はこちら

プロジェクトNEWS

シネマ・シネジケートやシネマテーク・プロジェクトなどの新着情報。

一覧はこちら

イベント・講座NEWS

イベントや講座の実施や募集についての最新情報です。

一覧はこちら

フィルムの貸出NEWS

新しく追加となった貸出作品や、おすすめ作品などをご紹介。

一覧はこちら

出版案内NEWS

新しく出版した書籍やカタログなどについての情報です。

一覧はこちら

その他NEWS

その他、いろいろなニュースを掲載しています。

一覧はこちら

RSSの登録はこちら