ニュース

ニュース一覧

    2012年11月 8日
    キネマ旬報社より『「こどもと映画」を考える 13才までに見せたい名作映画50ガイド』が出版されました!

    このたび、『「こどもと映画」を考える 13才までに見せたい名作映画50ガイド』が、キネマ旬報社より出版されました。
    この本は、コミュニティシネマセンターが2004年~2006年、三ヵ年にわたって実施した「諸外国及びわが国における『映画教育』に関する調査」がベースになって出版されたものです。

    若者の映画館離れに歯止めがかからない状況が続き、多くの劇場がその解決策を模索している今、こどもたちに映画の魅力を伝えるヒントが満載の1冊です!

    *****************************************************************

    『「こどもと映画」を考える 13才までに見せたい名作映画50ガイド』 
    200ページ(2012年10月29日発行)


    主な内容

    巻頭インタビュー
    小栗康平(映画監督)/中江裕司(映画監督)/
    戸田恵子(女優、キンダー・フィルム・フェスティバル チェアパーソン)


    第1章 「こどもと映画」をめぐる現在
    1 映画教育の現状と課題
    2 海外における「こどもと映画」事情

    第2章
    1 「キンダー・フィルム・フェスティバル」 20周年を迎えた「子どもたちの映画祭」
    2 「こども映画館」 東京国立近代美術館フィルムセンターの取り組み
    3 「ちいさなひとのえいががっこう」 ボランティア有志による無料上映会を続けて7年
    4 「放課後シアター」 川崎市アートセンターによる、高校生に見せる映画の取り組み
    5 金沢「こども映画教室」 たった数日間でも成長が見える、こどもたちだけで行う「映画製作」
    6 「こども映画プラス」 "こどもに見せたい映画"を専門に扱う日本初のサイト

    第3章
    「こども映画プラス」Selection  13才までに見せたい名作映画50ガイド

    販売価格:2,000円(税別)
    http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-404-7/Default.aspx

コンテンツメニュー

更新情報

当サイトの更新情報です。

一覧はこちら

プロジェクトNEWS

シネマ・シネジケートやシネマテーク・プロジェクトなどの新着情報。

一覧はこちら

イベント・講座NEWS

イベントや講座の実施や募集についての最新情報です。

一覧はこちら

フィルムの貸出NEWS

新しく追加となった貸出作品や、おすすめ作品などをご紹介。

一覧はこちら

出版案内NEWS

新しく出版した書籍やカタログなどについての情報です。

一覧はこちら

その他NEWS

その他、いろいろなニュースを掲載しています。

一覧はこちら

RSSの登録はこちら