ニュース

ニュース一覧

    2012年3月23日
    シンポジウム「デジタルのミライ」が3/25(日)、映画専門大学院大学にて開催されます

    直前のご連絡でたいへん恐縮ですが、以下、シンポジウムのご案内です。

    映画館のデジタル化をめぐっては、昨年より新聞・雑誌・ラジオ等にも随分取り上げ られており、ご存知の方も多いかと思われます。
    日本では、3D映画のヒットを受け、大手シネコンを中心にDCI規格の上映システムが一挙に普及しつつありますが、そのメリット、デメリットについて十分に議論がなされたとは言いがたい状況です。
    こうしたなかで、今後の映画上映、映画製作のあり方がどのように変わるのか・変わ るべきなのか、前向きな議論を行いたいという学生たちが集まり、シンポジウムを企画しました。
    単にフィルム文化を守る立場から「技術革新」に背を向けるのでもなく、また、「資本の論理」によって事態を静かに正当化するのでもなく、「デジタル」が映画の未来にとってどのような試金石となるのか、映画上映に携わる方々をパ ネリストとしてお招きする予定です。
    学生主催・企画のシンポジウムですので、至らぬ部分も多々ありますが、「現実的」かつ「ポジティヴ」に映画興行や上映について考える機会になると思っております。

    年度末のお忙しい時期ではありますが、ご関心のある方はぜひ足をお運びください。 また、ご興味のある方がいらっしゃるようであれば、本メールの転送・告知などをしていただければ幸いです。

    よろしくお願いいたします。

    映画専門大学院大学
    土田環


    ----------------------------------------------------------------------------

    シンポジウムのご案内:「デジタルのミライ」

    【日時】 2012年3月25日(日)13:00~17:20(12:30開場)

    【場所】 映画専門大学院大学
    〒151-0071 東京都渋谷区本町3-40-6
    (大江戸線「西新宿五丁目駅」A2出口徒歩5分)
    (アクセス)http://www.toho-univ.ac.jp/access/

    【定員】 100名

    【参加費】無料

    【スケジュール】   

    1部 映画上映の新たな形態     

    13:00~14:30 パネリストディスカッション
    14:30~15:00 質疑応答15:00~15:20 休憩

    パネリスト   
    伊藤重樹(一般社団法人コミュニティシネマセンター シネマ・シンジケート マネージャー)   
    紀伊宗之(株式会社ティ・ジョイエンタテイメント事業部 次長)   
    掛尾良夫(本学教員/キネマ旬報映画総合研究所所長)
    司会:佐伯知紀(文化庁芸術文化調査官/映画史家)

    2部 デジタル時代の創造

    15:20~16:50 パネリストディスカッション
    16:50~17:20 質疑応答

    パネリスト
    荒木啓子(ぴあフィルムフィスティバル ディレクター)
    安藤親広(株式会社ロボット コンテンツ事業本部 映画部 部長)
    沢村敏(東京テアトル株式会社 映像事業部 番組編成)
    司会:土田環(本学教員)

    ※当日はUstream放送も予定しております:アカウント (future_of_digital)

    ホームページ http://www.toho-univ.ac.jp/news/event/2012/03/325.php

    お問い合わせは下記の連絡先までお願いいたします。

    宣伝:酒井慧
    E-mail sakai.pan@gmail.com
    TEL 080-4479-2917


コンテンツメニュー

更新情報

当サイトの更新情報です。

一覧はこちら

プロジェクトNEWS

シネマ・シネジケートやシネマテーク・プロジェクトなどの新着情報。

一覧はこちら

イベント・講座NEWS

イベントや講座の実施や募集についての最新情報です。

一覧はこちら

フィルムの貸出NEWS

新しく追加となった貸出作品や、おすすめ作品などをご紹介。

一覧はこちら

出版案内NEWS

新しく出版した書籍やカタログなどについての情報です。

一覧はこちら

その他NEWS

その他、いろいろなニュースを掲載しています。

一覧はこちら

RSSの登録はこちら