ニュース

ニュース一覧

    2009年2月18日
    国際交流基金アジア映画ベストセレクション アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の『世紀の光』上映決定!

    「国際交流基金アジア映画ベストセレクション」の上映作品が確定しました! 
    先日お知らせしましたラインアップに、タイの"アンファン・テリブル"アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の『世紀の光』が加わります。
    各作品1回ずつの上映となります。貴重な機会となりますので、ぜひ、お見逃しなく。

    ■上映作品(全6本)
    インドネシア『虹の兵士たち』【日本初公開】
    インドネシア『ナガ・ボナール将軍2』【日本初公開】
    フィリピン『マキシモは花ざかり』
    マレーシア『細い目』
    タイ『世紀の光』
    インド『オーム・シャンティ・オーム』【東京初上映】

    ホームページも開設されました。
    作品紹介、上映スケジュールなど、詳細はこちらに。各作品豪華推薦文も。
    http://www.jpf.go.jp/j/culture/media/domestic/movie/asia2009.html

    ■上映作品紹介
    『虹の兵士たち』 
    インドネシア/2008年/カラー/35ミリ/125分 監督:リリ・リザ
    1970年代、世界的に有名なすずの産地として「インドネシアで最も裕福な島」になったブリトゥン島。島の資源の恩恵を全く受けられない貧困層の子どもたちが、教師とともに懸命に夢を育んでいく。インドネシア版『二十四の瞳』。インドネシアで大ヒットを記録、2009年ベルリン国際映画祭パノラマ部門でも上映された。

    『ナガ・ボナール将軍2』
    インドネシア/2007年/カラー/35ミリ/120分 監督・主演:デディ・ミズワル
    スリで前科者のナガ・ボナールが独立戦争で大活躍、一躍「将軍」と呼ばれる英雄となる映画『ナガ・ボナール将軍』(87)は、独立戦争をコミカルに描き大ヒットを記録した。本作は、その後日譚ともいえる作品。インドネシア映画祭で11部門中最優秀作品賞をはじめ6部門受賞した。

    『マキシモは花ざかり』
    フィリピン/2005年/カラー/35ミリ/100分 監督:アウレウス・ソリト
    12歳のマキシモはスラム街に住む少年。ハンサムな警官ビクトルに好意を抱き始めたことから、マキシモと家族との関係に変化が生じる。ソリト監督は自らが育った地区を舞台とする本作で長編劇映画デビュー、国内で大ヒットを収める。モントリオール映画祭最優秀新人監督賞、ロッテルダム映画祭NETPAC賞など、多くの映画祭で受賞歴多数。

    『細い目』
    マレーシア/2004年/カラー/35ミリ/104分 監督:ヤスミン・アハマド
    ヤスミン監督「オーキッド・シリーズ」のシンボル的作品。マレー系の少女オーキッドと華僑少年ジェイソンの甘く悲しい初恋物語。マレーシア版アカデミー賞グランプリ、2005年東京国際映画祭最優秀アジア映画賞受賞。最新作『ムアラフ―改心」(07)は2008年の東京国際映画祭で上映された。

    『世紀の光』
    タイ/2006年/カラー/105分/35ミリ 
    監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン
    世界中から注目されるタイの"恐るべき子ども(アンファン・テリブル)"アピチャッポン監督の長編最新作。日本でも高い人気を誇るアピチャッポン監督。『世紀の光』はふたりの医師が物語の軸となり、人々が行き交う病院のふとした日常から、消えゆく束の間の"いま"が心に迫る。

    『オーム・シャンティ・オーム』
    インド/2007年/カラー/35ミリ/169分 監督:ファラー・カーン
    1970年代、そして30年後2007年のムンバイの映画界を舞台とする娯楽作品。恋愛・復讐劇に輪廻転生を絡めるというインドならではの娯楽ストーリーで、スーパースター、シャー・ルク・カーンに加え、豪華スターが客演し2007年インドのメガヒット作となった。ファラー・カーン監督は今もっとも期待される女性監督。


    【チラシ】は今週より都内映画館などに配布しています。ぜひご覧ください。

    国際交流基金アジア映画ベストセレクション

    ■主催:国際交流基金/
    運営協力:財団法人国際文化交流推進協会(エース・ジャパン)
    ■会期:2009年3月14日(土)・15日(日)
    ■会場:赤坂・OAGホール
    ■入場料:800円(当日券のみ・各回入替制)

    お問い合わせは
    「国際交流基金アジア映画ベストセレクション」事務局 (エース・ジャパン内)
    TEL:03-5562-9574 FAX:03-5562-4423

コンテンツメニュー

更新情報

当サイトの更新情報です。

一覧はこちら

プロジェクトNEWS

シネマ・シネジケートやシネマテーク・プロジェクトなどの新着情報。

一覧はこちら

イベント・講座NEWS

イベントや講座の実施や募集についての最新情報です。

一覧はこちら

フィルムの貸出NEWS

新しく追加となった貸出作品や、おすすめ作品などをご紹介。

一覧はこちら

出版案内NEWS

新しく出版した書籍やカタログなどについての情報です。

一覧はこちら

その他NEWS

その他、いろいろなニュースを掲載しています。

一覧はこちら

RSSの登録はこちら