「永遠のオリヴェイラ」マノエル・ド・オリヴェイラ監督追悼特集
現役最高齢の映画作家として数多くの作品をつくり続けたマノエル・ド・オリヴェイラ監督が、2015年4月2日に106歳で亡くなりました。
日本では、1993年に開催されたポルトガル映画祭で初めてオリヴェイラ特集が組まれ、同年の東京国際映画祭で『アブラハム渓谷』が最優秀芸術貢献賞を受賞、
オリヴェイラ監督という偉大な映画作家の存在を知らしめました。これ以後、ほとんどの長篇が劇場公開され、オリヴェイラ監督は日本の映画ファンが最も敬愛する映画作家となりました。
本特集では、80年をこえる映画人生でマノエル・ド・オリヴェイラ監督が遺してくれた珠玉の映画をPart1、Part2に分けて上映します。

 

 

オリヴェイラ監督プロフィール

オリヴェイラ監督 1908年12月11日にポルトガル北部の港町ポルトに生まれる。

1931年に初監督作『ドウロ河』を撮り、42年に初の劇場用長篇映画『アニキ・ボボ』を発表。家業を続けながら映画制作を続け、62年に長篇第二作『春の劇』を発表するが、「ポルトガルには検閲が存在する」という発言によって投獄される。10年を経て1972年3本目の長篇『過去と現在 昔の恋、今の恋』を発表。1974年独裁政権が終わり、オリヴェイラは『ベルニデまたは聖母』(75)、『破滅の愛』(78)、『フランシスカ』(81)と「挫折した愛の四部作」を構成する3作品をつぎつぎに発表。また、敏腕プロデューサーのパウロ・ブランコと組み、自分の望む企画を実現できる環境を得る。

以後、上映時間6時間50分の大作『繻子の靴』(85)、『神曲』(91)、『アブラハム渓谷』(93)、『世界の始まりへの旅』(97)、『クレーヴの奥方』(99)などの輝かしい傑作を発表し続け、2000年代に入り、90歳をこえてもなお、ミシェル・ピコリ(『家路』01)、ジョン・マルコヴィッチ(『永遠の語らい』03)、カトリーヌ・ドヌーヴ(『永遠の語らい』03)、ビュル・オジェ(『夜顔』06)、ジャンヌ・モロー(『家族の灯り』12)といった世界的名優を迎えて、作品を生み出しつづけた。2014年のヴェネチア映画祭で短篇『レステロの老人』上映。

2015年4月2日没。享年106歳。

 

 

上映作品

レステロの老人
アニキ・ボボ
春の劇
過去と現在、昔の恋、今の恋
カニバイシュ
ノン、あるいは支配の空しい栄光
神曲
アブラハム渓谷
階段通りの人々

 

 

フィルモグラフィ

* は日本公開・上映作品

1931 ドウロ河 Douro, Faina Fluvial *
1932 白い石炭 Hulha Branca
1932 リスボンの彫刻 Estátuas de Lisboa
1937 最後の雷嵐―テージョの洪水 Os Últimos Temporais: Cheias do Tejo
1938 ポルトガルではもう車を生産している Já se fabricam Automóveis em Portugal
1938 ミラマール、バラの海岸 Miramar, Praia das Rosas
1941 ファマリカン Famalicão
1942 アニキ・ボボ Aniki-Bóbó *
1956 画家と町 O Pintor e a Cidade
1958 心臓 O Coração
1959 パン O Pão
1963 春の劇 Acto da Primavera *
1963 狩り A Caça
1964 ヴィラ・ヴェルディーニョ 山の向こう Villa Verdinho – Uma Aldeia Transmontana
1965 わが兄ジュリオの絵 As Pinturas do Meu Irmão Júlio
1972 過去と現在 昔の恋、今の恋 O Passado e o Presente *
1975 ベニルデまたは聖母 Benilde ou a Virgem Mãe
1978 破滅の愛 Amor de Perdição
1981 フランシスカ Francisca *
1982 訪問または回想と告白 Visita ou Memórias e Confissões *
1983 文化都市リスボン Lisboa Cultural *
1983 ニース─ジャン・ヴィゴについて Nice-Á propos de Jean Vigo *
1985 繻子の靴 Le Soulier de Satin
1985 国際シンポジウム Simpósio internacional de Escultura em Pedra
1986 私の場合 Mon Cas
1988 マヌエル・カジミーロの考え―国旗 Proposito da Bandeira Nacional
1988 カニバイシュ Os Canibais *
1990 ノン、あるいは支配の虚しい栄光 'Non', ou A Vã Glória de Mandar *
1991 神曲 A Divina Comédia *
1992 絶望の日 O Dia do Desespero
1993 アブラハム渓谷 Vale Abraão *
1994 階段通りの人々 A Caixa *
1995 メフィストの誘い O Convento *
1996 パーティ Party
1997 世界の始まりへの旅 Viagem ao Princípio do Mundo *
1998 不安 Inquietude *
1999 クレーヴの奥方 La Lettre *
2000 言葉とユートピア Palavra e Utopia
2001 家路 Je rentre à la maison *
2001 わが幼少時代のポルト Porto da Minha Infância *
2002 家宝 O Princípio da Incerteza *
2002 モメント Momento
2003 永遠の語らい Um Filme Falado *
2004 第五帝国─今日という昨日 O Quinto Império - Ontem Como Hoje
2005 マジック・ミラー Espelho Mágico
2005 可視から不可視へ Do Visível ao Invisível
2006 夜顔 Belle Toujours *
2006 起こりえないことは不可能なこととは違う O Improvável Não é Impossível
2007 コロンブス 永遠の海 Cristóvão Colombo - O Enigma *
2007 唯一の出会い(『それぞれのシネマ』所収)“Rencontre Unique” (Chacun son Cinéma)
2008 ヴィラ・ド・コンデのロマンス Romance de Vila do Conde
2008 ステンドグラスと聖なる死人 O Vitral e a Santa Morta
2009 ブロンド娘は過激に美しく Singularidades de uma Rapariga Loura *
2010 アンジェリカの微笑み O Estranho Caso de Angélica *
2011 Mundo Invisível “Do Visivel ao Invisivel” *
2012 家族の灯り O GEBO E A SOMBRA/GEBO ET L'OMBRE *
2012 ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区 Centro Histórico *
2014 レステロの老人 O velho do Restelo *

 

 

上映会場

都市名 会場名 期間  
東京 ユーロスペース [上映終了] 2016年01月23日(土)-02月05日(金) 上映スケジュール
高崎 高崎映画祭 会場:高崎電気館 2016年04月03日(日)-04月05日(火) 上映スケジュール
川崎 川崎市市民ミュージアム 2016年09月10日(土)-09月25日(日)の土日祝 上映スケジュール未定

永遠のオリヴェイラ マノエル・ド・オリヴェイラ監督追悼特集
主  催 | 一般社団法人コミュニティシネマセンター/ユーロスペース
共  催 | ポルトガル大使館
特別協力 | 東京国立近代美術館フィルムセンター/アテネ・フランセ文化センター/岩波ホール/川崎市市民ミュージアム
協  力 | 日本ポルトガル協会/クレストインターナショナル