フランスの伝説的映画雑誌「カイエ・デュ・シネマ」誌と
アンスティチュ・フランセ日本が提携し、
現在の映画を語るべく、選りすぐった作品を紹介する「カイエ・デュ・シネマ週間」。

21回目となる2018年は、
同誌のNY特派員ニコラ・エリオットを迎え、
フィリップ・ガレルやクレール・ドゥニ、アルノー・デプレシャンらの最新作のほか、
新しい世代の監督たちの作品を特集しました。
コミュニティシネマセンターでは、この企画から10本をセレクトした
「カイエ・デュ・シネマが選ぶフランス映画の現在」を全国に巡回します。

現代フランス映画を代表する監督の最新作から新鋭監督の意欲作まで、
まさに“フランス映画の現在”を劇場未公開の作品でみることができる、
貴重な、魅力的なプログラムです。

巡回作品

巡回予定

地域 日程 会場
広島県広島市 9月14日~24日 広島市映像文化ライブラリー会場サイト
高知県高知市 10月27日、28日 高知県立美術館会場サイト
山口県山口市 12月 山口情報芸術センター(YCAM)会場サイト
ほか、全国に順次巡回予定